日本マイクロソフト株式会社「良い人材には何度でも接触したい 追いかけるべきは「紹介会社」ではなく「会いたい候補者」」|DODA(デューダ)中途採用をお考えの法人様へ

導入・採用成功事例
microsoft0006
導入事例
日本マイクロソフト株式会社
技術系(IT/通信)

良い人材には何度でも接触したい 追いかけるべきは「紹介会社」ではなく「会いたい候補者」

  • DODA Recruiters
  • 応募者数を増やしたい
  • 辞退を防ぎたい

導入背景

microsoft0011
良い人材には何度でも接触したい、追いかけるべきは「紹介会社」ではなく「会いたい候補者」

これまで人材紹介サービスを中心に採用していましたが、第三者を介することにより、求人の魅力がどうしても候補者へストレートに伝わらないもどかしさを感じていました。
また、選考スピードにも課題がありました。ダイレクト・ソーシングであれば、アプローチしてから面接するまでの時間短縮ができますし、担当者が何度でも会ってクロージングまでもっていけます。
要は、私たち自身が直接、候補者を追いかけていくことが重要。候補者のグリップも、意向醸成も、本来、自社をよく知る企業自身がやるのがいちばん良いと考えています。今後、日本の中途採用は、確実に「ダイレクト・ソーシング」へと切り替わっていきます。
当社でもダイレクト・ソーシング経由の採用が増えてきましたが、DODA Recruitersのデータベースも最大限活用し、より採用を加速させていく狙いです。

取り組み方法

microsoft0020
専門チームを設置し、積極的に推進

2015年3月から「タレントソーシング」という専門チームをスタートさせました。リクルーターはほかの業務もあり、それだけに注力ができないため、専門チームを作って協力し合うことが目的です。
近々7名の体制になりますが、これは社内に7名のエージェントがいるのと同じこと。「日本マイクロソフト」という社名だけで、欲しい人材を採れる時代ではないと思っています。
7名の社内エージェントが、優秀層の獲得に向けて、密にアプローチをしていきます。
得られたこと
時間・コストの効率化と、将来に向けた人材ネットワークの構築

最も期待している点は、紹介登録者も含めたデータベースに対しピンポイントで当たれること。選考フローが大幅に短縮され、低コストの採用も実現できると考えています。
ダイレクト・ソーシングでの採用活動は、当面、エンジニアが中心になりますが、営業やマーケティングなど、職種・ポジションの幅を広げて、直接候補者を探しにいきたいと思います。
率直に言うとアプローチ先のデータベースが足りていないので、多様なサービスを使い、「これは」と思う方には積極的に会っていきます。現在採用している職種・ポジションだけでなく、会社の方向性を踏まえ、将来に必要な人材をネットワーキングする。中長期的に母集団を作っていけることも期待しています。

======================================
◇採用活動をご支援するために、法人のお客様向けセミナーを定期開催しています。

 詳細はこちらから、ご覧いただけます。

◇DODA Recruitersを使った採用活動を行いたい人事・採用担当者様は、

 こちらから、お問い合わせください。

======================================

日本マイクロソフト株式会社「良い人材には何度でも接触したい 追いかけるべきは「紹介会社」ではなく「会いたい候補者」」の記事ページです。【中途採用をお考えの法人様へ】DODAサービスのご案内 - 採用成功への扉を開く、総合採用支援サービス

お問い合わせ・
資料請求

フリーダイヤル、Webのどちらからでもお問い合わせいただけます。お気軽にご連絡ください。

0120-339-494

(受付時間 平日9:00 〜 18:00)