求人媒体とは?媒体の種類や特徴、効果を解説|doda(デューダ)中途採用をお考えの法人様へ

コラム

求人媒体とは?媒体の種類や特徴、効果を解説

2018.07.06

求人広告

新たな人材募集を自社の採用ページだけで行うのは、求人の告知や応募者の確保を自社で行う必要があり時間もコストもかかります。
求人を広く告知し、応募者数を増やす有効な採用手法の一つに求人媒体の利用があります。求人媒体はさまざまな種類があり、特徴や効果も異なります。そこで今回は求人媒体とは何か、それぞれの特徴や効果、求人サイトの利用方法について詳しく解説していきます。

求人媒体とは

求人媒体とは、企業の求人情報を掲載し、転職希望者からの応募を集める媒体を指します。求人媒体の種類は大きくWeb媒体と紙媒体とに分けられます。
代表的な求人媒体は、次の3つです。

民間企業が運営
  • 1. 求人サイト(転職サイト)
  • 2. 新聞・雑誌・フリーぺーパーなど紙媒体の求人広告
公共機関が運営
  • 3. ハローワーク

Web媒体には求人サイト(転職サイト)とハローワーク、紙媒体には新聞・雑誌・フリーペーパーの求人広告などがそれぞれ該当します。
求人媒体ごとに特徴が異なり、集まる転職希望者の属性にも違いがあります。
求人媒体を効果的に利用するためには、採用ターゲットがより多く集まる求人媒体を選ぶことが重要です。

転職活動で利用される主な求人媒体とは

転職活動でよく利用されている求人媒体とは何でしょうか。転職希望者の視点から見てみましょう。
転職経験者970名を対象に「直近の転職先を決定した転職手段」のアンケート調査(※自社リサーチ結果/2017年10月実施)結果が以下のとおりです。

1位が求人サイト(転職サイト)の41.4%で、転職希望者に最も多く利用されている求人媒体であることがわかります。次いでハローワーク、転職エージェント(人材紹介サービス)と続きます。

求人媒体の特徴と効果・メリット

転職活動で利用される求人媒体には、求人サイト(転職サイト)、ハローワーク、新聞・雑誌・フリーペーパーなど紙媒体の求人広告が上位を占めていることがわかりました。
次に、各求人媒体の特徴とそれぞれの効果・メリットを見ていきましょう。

求人サイト(転職サイト)の特徴

求人サイト(転職サイト)はインターネット上でさまざまな業界・企業の求人情報を掲載しているサイトです。
求人サイト(転職サイト)の主な特徴は以下です。

  • 全国の転職希望者に向けて求人を出せる
  • 求人の検索軸が豊富
  • 掲載できる情報量が多い
  • 料金形態は掲載課金型、応募課金型、採用課金型の3つ
全国の応募者に向けて求人を出せる

求人サイト(転職サイト)はPCやタブレット、スマートフォンなどインターネットにアクセスできる端末を所持していれば、誰でも閲覧できます。転職希望者は基本的に無料で求人サイト(転職サイト)を利用できるので、幅広い層に自社の求人を訴求できます。求人サイト(転職サイト)によっては、求人の上位表示ができるオプション広告があったり、トップページ等目につく場所に設けられている広告枠へ掲載できたりと、より多くの転職希望者にアピールできるサービスが用意されています。

求人の検索軸が豊富

求人サイト(転職サイト)にはより求人にマッチした人材が集まるよう、検索軸が豊富に用意されています。転職希望者は業界や職種、年収、休日の曜日など希望条件で絞り込みをして求人にたどり着くため、自社の欲しいターゲットに向けて求人を訴求できる効果にもつながります。

掲載できる情報量が多い

求人情報誌などの紙媒体と比べ、掲載できる情報量が多いのも特徴です。より詳細に応募条件や会社の雰囲気を伝えることができるため転職希望者の応募意欲を高める効果があります。また、応募条件を詳細に記載することで、応募条件に合致しない転職希望者からの応募を避けることができ、採用担当者の負担を減らせます。

料金形態は掲載課金型、応募課金型、採用課金型の3つ

求人サイト(転職サイト)の料金形態には3つのタイプがあります。
掲載課金型の場合、求人広告をサイトに掲載した時点で費用が発生します。その代わり、掲載した求人広告に何人応募があっても、何人採用しても、料金は変わりません。
一方、応募課金型と採用課金型は求人サイト(転職サイト)への求人広告の掲載料が抑えられています。通常料金から割引で利用できる、あるいは無料で掲載できるなど、掲載にかかる料金設定はサイトによりさまざまです。その代わり、応募課金型は応募者からの応募があった時点で、採用課金型は応募者を採用した時点で料金が発生する仕組みです。
料金の発生タイミングから、掲載課金型は前課金、応募課金型・採用課金型は後課金と呼ばれることもあります。

以上の特徴から、求人サイト(転職サイト)を利用するメリットをまとめます。

求人サイト(転職サイト)の効果・メリット
  • 幅広く求人を告知できるため、転職潜在層にもアピールできる
  • 採用ニーズに応じた料金プランのカスタマイズができる

求人サイト(転職サイト)の大きなメリットは、誰でも利用できる求人サイト上で、幅広い転職希望者に自社の求人を訴求できることです。また、サイトによって料金形態はさまざまですが、大規模採用では何人採用してもコストが変わらない掲載課金型を選び、専門スキルを要する職種では応募課金型・採用課金型を選ぶなど、採用ニーズに応じて求人サイト(転職サイト)を使い分けることで、採用コスト削減にもつながります。

ハローワークの特徴

ハローワークは国の支援を受け、各都道府県の労働局が管理している公共職業安定所です。ハローワークの特徴は主に以下です。

  • 無料で誰でも利用できる
無料で誰でも利用できる

ハローワークへの求人広告の掲載、手続きなど全て無料で利用できます。
また、利用の手続きも簡単で、事業所のある管轄のハローワークに出向き、事業所登録を行った後、求人申込書を記入して内容に問題がなければ、求人票が発行されます。

以上の特徴から、ハローワークを利用するメリットをまとめます。

ハローワークの効果・メリット
  • 採用コスト(外部コスト)がかからない

外部コストとは、採用にかかるコストのうち、求人サイト(転職サイト)への求人情報掲載料など、自社以外のサービスの利用に対してかかるコストです。
ハローワークは無料でサービスを利用できるため、外部コストを最も抑えられますが、無料であるがゆえに求人の案件数も多く、求人票に記載できる内容も限られるため、自社の求人を目立たせたい場合や露出を増やしたい場合、いつまでに何名採用する等目標が決まっている場合は、ハローワークの利用だけでは母集団が集まらない可能性があります。
採用条件に合致した転職希望者がより多く集まる場所に求人を出すことが大切です。

一方で、採用担当者の人件費などの内部コストはかかります。

関連記事:採用コスト(外部コストと内部コスト)の詳細はこちら

紙媒体の求人広告(求人情報誌・新聞折込チラシ)の特徴

求人情報誌は各地のコンビニや駅、書店などに有料誌やフリーペーパーという形で置いてあります。新聞折込チラシは各新聞社が発行する新聞に折り込まれる広告チラシに求人広告を載せられます。紙媒体の主な特徴は以下です。

  • 特定地域の読者に届きやすい
  • 掲載料金は原稿サイズや配布地域によって異なる
  • 一覧性がある
特定地域・特定の年齢層の読者に届きやすい

紙媒体には全国版と特定エリア版があります。エリアごとに区切って求人広告を出せるので、地域を限定した採用活動に向いています。また、新聞折込チラシの場合、新聞の購買層が若年層より高年齢層の方が多いため、高年齢層に向けての求人広告が効果的になります。

掲載料金は原稿サイズや配布地域によって異なる

紙媒体に求人広告を掲載するには掲載料が必要です。掲載料金は掲載する求人広告の紙面枠の大きさ、写真の有無、カラーの有無等によって決まっています。また、求人情報誌の場合、配布エリアによっても異なり、地方より都市部の方が掲載料金は高額になっています。新聞折込チラシの場合、料金は求人広告の紙面枠に対する大きさや配送地域に加え、配送日によっても異なります。

一覧性がある

紙媒体の特性として、読者はパラパラと紙をめくります。そのため、興味のない求人でもたまたま目に留まり、応募につながる可能性があります。求人の応募者層を広げたい時に便利です。

以上の特徴から、紙媒体の求人広告を利用するメリットは以下のとおりです。

紙媒体の求人広告(求人情報誌・新聞折込チラシ)の効果・メリット
  • 特定の地域や読者に求人をアピールできる
  • 一覧性があるため、より多くの応募者層を集められる

新聞の折込チラシや、街角に置いてある求人情報誌は、日常生活に溶け込んでいる媒体といえます。読者の目に触れる機会が多く、転職を考えていない層へもアプローチできる効果があります。

求人媒体を選ぶポイントとは

ここまで、求人媒体の種類や特徴、その効果について説明してきました。
より効果的に求人媒体を利用するには、採用したいターゲットを明確にし、ターゲットとなる転職希望者がより多く集まる場所に求人を出すことが重要です。

「色々あってよくわからない」という場合は、もっとも多く転職者が利用する手段である「求人サイト(転職サイト)」の利用をまずは検討してみましょう。

求人サイト(転職サイト)の利用方法

ここでは、中途採用で広く利用される求人サイト(転職サイト)の利用方法について説明していきます。

求人サイト(転職サイト)の一例

求人サイト利用の一例

※図のオレンジ色は企業が、青色は求人サイト運営会社が対応する箇所です

求人サイト運営会社と契約後、担当者が採用ターゲットの人材像を詳しくヒアリングし、求人原稿を作成します。求人サイトにより異なりますが、文字情報の他にオプションとして写真や動画の掲載が可能な場合もあります。

求人サイト運営会社が作成した原稿を企業側が確認し、気になる箇所の修正を依頼します。納得のいく求人原稿ができ上がった段階で、求人サイトに求人広告が掲載されます。掲載される広告はプランによって、掲載期間、掲載順、掲載される大きさなどが変わってきます。

求人が公開されると、転職希望者から求人サイトを通して応募があります。企業側で応募者の対応、選考、合否連絡を行います。

また一部の求人サイトにはスカウト機能が付いています。応募者からの応募を待つだけでなく、求人サイトに登録している応募者の中で採用担当者が気になる人材に応募を喚起するダイレクトメールを送ることができます。企業からアプローチする採用活動ができるので、採用成功の確率が高まります。

doda求人情報サービスなら採用したい人材に出会える!

最後に、dodaの求人広告掲載サービスであるdoda求人情報サービスの特徴を記載します。

  • 400万人以上を誇る、業界最大級の登録者数データベースを保有
  • 何人採用しても掲載料が変わらない掲載課金型
  • さまざまな採用ニーズに応える5つの求人掲載タイプ
400万人以上を誇る、業界最大級の登録者数データベースを保有

求人広告を出稿する理由は、「求人を幅広くアピールできるため」です。そのためには、採用ターゲットがより多く集まる場所に出稿することが重要です。

何人採用しても掲載料が変わらない掲載課金型

doda求人情報サービスは、何人採用しても掲載料が変わらない掲載課金型です。業界最大級の登録者数と多彩な商品ラインアップで、少人数のスポット採用から大規模採用まで効果的な母集団の確保が可能です。

関連:doda求人情報サービスの特徴はこちら

さまざまな採用ニーズに応える5つの求人掲載タイプ

採用ニーズや予算に応じて選べる5つの求人掲載タイプをご用意。転職市場の知識が豊富なリクルーティングコンサルタントが求人広告をより効果的に打ち出すためのアドバイスやフォローを行い、採用活動の成功までサポートします。

関連:求人掲載タイプ一覧(費用、料金)について詳しくみる

人材紹介サービスと併用でお得な割引プランも用意

求人サイト(転職サイト)と人材紹介サービス(転職エージェント)を同一ブランドで展開しているため、求人サイト(転職サイト)利用者と人材紹介(転職エージェント)サービス利用者それぞれに求人をアピールすることが可能です。
人材紹介サービスと併用することにより原稿掲載料が割引になるお得なプランもご用意しています。

関連:dodaダブル割について詳しくみる

中途採用にお困りの際は、
doda求人情報サービスをぜひご検討ください。

関連リンク

求人媒体とは?媒体の種類や特徴、効果を解説ページです。【中途採用をお考えの法人様へ】dodaサービスのご案内 - 採用成功への扉を開く、総合採用支援サービス

お問い合わせ・
資料請求

フリーダイヤル、Webのどちらからでもお問い合わせいただけます。お気軽にご連絡ください。

0120-339-494

(受付時間 平日9:00 〜 18:00)