人材紹介会社とは?特徴とメリットを解説|doda(デューダ)中途採用をお考えの法人様へ

コラム

人材紹介会社とは?特徴とメリット、利用の流れについてポイントを紹介

2018.05.29

人材紹介

人材紹介サービスとは

人材紹介サービスとは、正式には厚生労働大臣の認可を受けた「有料職業紹介所」のことです。有料職業紹介所は、企業から求人の依頼を受け、転職希望者の中から企業の要望に合った人材を紹介する有料の採用支援サービスを提供しています。

人材紹介サービスでは専任担当者が企業の要望にマッチした人材を厳選して紹介するため、企業は採用の可能性が高い応募者とだけ面接でき、効率的に採用活動を進められます。人材を厳選して採用したい時に最適なサービスです。

人材紹介サービスの特徴とは

人材紹介サービスは企業と応募者の間に専任担当者が介在し、双方にとって最適と思われる人材マッチングを行います。企業と転職希望者、互いのミスマッチを減らすことができるのが特徴です。dodaの人材紹介サービスは、業界最大級の登録者データベースを保有しているため、専門スキルを持った人材やミドル層以上のエグゼクティブ人材などの希少な人材ともスムーズに出会えます。

マッチング以外にも業務を代行

人材紹介サービスが行うのは人材の紹介だけではありません。人材紹介サービスが行うサポート内容には主に以下が含まれています。

  • 求人票の作成
  • 応募者の選定
  • 面接の日程調整
  • 給与などの条件交渉
  • 応募者への合否通知

人材紹介サービスは求人票の作成から面接日程の調整や応募者への合否連絡など、採用に関わるさまざまな業務も代行します。そのため企業の採用担当者は採用工数を減らすことができ、応募者の選考・面接のみに注力できます。

人材紹介サービスの種類

ひとくちに人材紹介サービスといっても、いくつかの種類があります。代表的なものは以下のとおりです。

  • 一般紹介・登録型
  • サーチ型(エグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング)
一般紹介・登録型

転職希望者に登録してもらい、企業の求人内容に応じて登録者の中から採用ニーズにマッチした人材を紹介します。人材紹介サービスの大部分がこの形態で営業しており、単に人材紹介サービスという場合は一般紹介・登録型のことを指すケースが多いです。一般紹介・登録型の中には、幅広い業種・職種を取り扱う「総合タイプ」と、ある特定の専門業界・職種に特化した「専門タイプ」があります。

サーチ型(エグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング)

いわゆるヘッドハンティングです。スカウトと呼ばれることもあります。企業から求人依頼を受け、条件に見合う人材を幅広く探すサービスです。自社の登録者データベースから探すことはもちろん、場合によっては他社のデータベースから探すことや、採用ニーズにマッチする人材をヘッドハンティングすることも可能です。

人材紹介サービスのメリットとは

中途採用に広く活用されている人材紹介サービス。企業に支持される理由とは何なのでしょうか。
人材紹介サービスを利用するメリットには次の6つがあります。

  • 初期費用がかからない
  • 時間をかけてでも納得のいく人材を探せる
  • 採用条件を満たした母集団から選考できる
  • 非公開求人の募集が可能
  • 公募では集まらないような人材が集まる
  • 専任担当者が応募を促進
初期費用がかからない

人材紹介サービスの大きな特徴のひとつは完全成功報酬型であることです。(※ヘッドハンティングの場合、着手金が必要なケースもあります。)そのため人材紹介サービスを利用して手数料が発生するのは、紹介した人材が入社した時のみです。求人を掲載するのに必要な掲載料はかかりません。
ちなみに人材紹介サービスの紹介手数料は紹介した人材の初年度理論年収の35%程度が主流です。仮に採用した人材の初年度理論年収が400万円であれば、人材紹介会社に支払う紹介手数料は140万円という計算になります。(別途消費税がかかります。)

関連記事:人材紹介サービスの手数料や返還金の仕組みについて

時間をかけてでも納得する人材を探せる

人材紹介サービスは、時間をかけてでも納得のいく人材を探したい場合に有効な手段です。紹介手数料は成功報酬なので、人材の採用が決まるまで費用はかかりません。つまり、採用候補者を何人紹介されても、採用が決まらなければ紹介手数料は発生しません。人材紹介サービスを利用できる期間には制限もないので、費用を気にすることなく、納得のいく人材と出会えるまで人材紹介サービスを利用しての採用活動が可能です。

採用条件を満たした母集団から選考できる

人材紹介サービスでは、企業へのヒアリングをもとに求人票を作成しています。採用条件に見合う応募者しか企業に推薦しないため、企業はマッチング精度の高い母集団の中からより採用条件に合致する人材を採用できます。

非公開求人の募集が可能

人材紹介サービスでは非公開で求人を出すことができます。求人を非公開で出す理由はさまざまで、社員に人事状況を知られたくない、新規プロジェクトにともなう人材補填など競合他社に動向を知られたくない、人気企業が求人を出して募集が殺到しないようにしたいなどがあります。

公募では集まらないような人材が集まる

専門的な特殊スキルをもつ人材は一般の求人市場では見つけにくいケースがあります。しかし、人材紹介サービスには専門スキルを持つ人材が多数登録しており、希望に沿った人材の紹介が可能です。

専任担当者が応募を促進

人材紹介サービスでは専任担当者を通して、求人票に書かれていない企業の魅力を応募者に紹介することができます。そのため、広報・PR活動の有無や従業員規模、企業の知名度に左右されることなく応募者を集めることが可能です。

人材紹介サービスを利用するのに適しているケースとは

ここまで人材紹介サービスのメリットを紹介してきました。では、どのような採用課題を持っている企業が人材紹介サービスの利用に適しているのでしょうか。

  • 特定のスキルを持つ人材を採用したい
  • 採用担当者が忙しく、採用に割ける時間が少ない
  • 採用コストにリスクを負いたくない
特定のスキルをもつ人材を採用したい

専門的な知識やスキルをもつ人材と出会うには、求めるスキルや技術の特殊性が高いほど難易度が上がります。人材紹介サービスでは、多数の転職希望者が登録しているため、希望に沿った人選が可能です。
また、サーチ型の人材紹介サービスは、自社の登録者データベースから探すことはもちろん、他社のデータベースから人材を探すことや、ヘッドハンティングすることもできます。

採用担当者が忙しく、採用に割ける時間が少ない

人材紹介サービスは人材を探す工数や、事務処理などの採用にかかる業務を代行します。採用担当者が忙しく、採用にかけられる時間が取れない場合でも、最小限の時間で採用活動を行えます。

採用コストにリスクを負いたくない

人材紹介サービスは紹介された人材が入社するまで費用は一切発生しません。もし採用した人材が入社後すぐに辞めてしまった場合でも、支払った紹介手数料が返還金規定に沿って返金されるため、採用後のミスマッチのリスク軽減にもつながります。
※返還金規定は各サービス会社によって異なります。

関連記事:人材紹介サービスの手数料や返還金の仕組みについて

人材紹介サービスの利用手順とは

人材紹介サービスを利用するにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか。人材紹介サービスを利用する際の流れを簡単にご説明します。(図の青色は企業が、オレンジ色は人材紹介会社が対応する箇所です。)



契約

企業は人材紹介サービスが業務を始める前に契約書を交わします。契約書には紹介手数料の料金や支払い条件、 返還金条項などの内容が記載されています。契約内容に問題がなければ合意をして契約成立です。

求人の依頼・求人票の作成

人材紹介サービスの専任担当者が募集ポジションの職務内容や企業の求める人物像・給与などの労働条件を詳しくヒアリングします。その上で、専任担当者が最新の転職市場や登録者動向を踏まえて採用成功のために最適と思われる募集条件を提案します。そして募集条件が出揃ったところで、求人票を作成します。

応募者の推薦

求人票をもとに、採用条件に合致する人材を人材紹介サービスの専任担当者が探します。専任担当者は応募者と事前に面談を済ませ、履歴書だけではわからない応募者の性格や人柄などを把握し、総合的な判断で紹介する人材を決定します。

書類選考

企業の採用担当者は人材紹介サービスから推薦された応募者を確認し、面接をしてみたいと思う応募者を選考します。

面接・選考

書類選考を通過した応募者と面接を行います。応募者との面接日程の調整や連絡、面接後の応募者への合否連絡は人材紹介サービスが代行します。面接で採用に至らなかった場合、人材紹介サービスが次の応募者の推薦を行います。その際、面接の詳細なフィードバックがあれば、より精度の高い人材の推薦が可能です。

内定・入社

貴社で採用したい人材を決定します。採用通知は人材紹介サービスが行います。くわえて、内定者の入社日調整や退職交渉のアドバイス、内定者からの質問対応など、内定者が入社するまでのさまざまなフォローを行います。応募者が入社をした時点で紹介手数料が発生します。

人材紹介サービスを活用して採用活動を成功させよう!

人材紹介サービスは採用条件にマッチした人材を探したい時に有効なサービスです。doda人材紹介サービスは完全成功報酬のため、採用できなかった時の費用面でのリスクは無く、専任担当者の介在により応募者対応の負担軽減にもつながります。

さらに、doda人材紹介サービスでは、採用を成功させるために独自のサービスをご用意しています。

  • 業界や職種ごとの専任担当制
    法人担当のリクルーティングアドバイザーが、専門性を活かして採用戦略立案時のアドバイスや情報提供を行います。
  • 独自サービス「dodaプラス」による母集団の拡大
    doda人材紹介サービスの3カ月間強化サービスとして、「dodaプラス」をご用意しています。
    「dodaプラス」では、企業専任担当であるプロジェクトエージェントがキャリアカウンセリングを受けていない会員へもアプローチし、網羅的な母集団形成を行います。
  • 業界トップクラスの人材データベース
    利用者の業種や職種は多岐にわたっており、専門性の高い人材や若手・中堅層など、多様な求人ニーズに対応可能です。

人材紹介サービスをご検討の際は、ぜひdoda人材紹介サービスをご検討ください。

「doda人材紹介サービス」で
貴社も採用を成功させませんか?

関連リンク

人材紹介会社とは?特徴とメリット、利用の流れについてポイントを紹介ページです。【中途採用をお考えの法人様へ】dodaサービスのご案内 - 採用成功への扉を開く、総合採用支援サービス

お問い合わせ・
資料請求

フリーダイヤル、Webのどちらからでもお問い合わせいただけます。お気軽にご連絡ください。

0120-339-494

(受付時間 平日9:00 〜 18:00)