人材紹介で外国人採用!メリットや注意点を解説|doda(デューダ)中途採用をお考えの法人様へ

コラム

人材紹介で外国人採用!メリットや注意すべきポイントとは

2018.10.23

人材紹介

日本国内では少子高齢化による人材不足が加速しており、新たな人材の確保が難しくなってきています。人材の確保、また企業の国際力の強化という観点から、外国人採用に目を向ける企業が増えてきています。外国人人材を見つけるには人材紹介サービスを利用するのがおすすめです。人材紹介サービスで外国人を採用するための方法やメリットについて解説します。

外国人採用には人材紹介サービスがおすすめ

外国人採用を行う際に役立つ採用手法は人材紹介、人材派遣、求人広告、ハローワークなどが挙げられます。これらの採用手法のなかでも、人材紹介サービスにはさまざまなメリットがあり、外国人採用を行う上でも活用できます。

    人材紹介サービスのメリット
  • 初期費用がかからない
  • 時間をかけて納得のいく人材を探せる
  • 採用条件を満たした母集団から選考できる
  • 非公開求人の募集が可能
  • 公募では集まらないような人材が集まる
  • 専任担当者が応募を促進

また、人材紹介サービスを利用して採用する際、雇用形態は直接雇用となるため、自社の就業規則や賃金規定での雇用が可能です。

人材紹介サービスに必要な費用とは

人材紹介サービスの利用にかかる手数料は完全成功報酬です。(※ヘッドハンティングの場合、着手金が必要なケースもあります。)そのため、求人票の掲載料などの費用は必要なく、紹介された人材が入社した時にのみ紹介手数料の支払いが発生します。

成功報酬は紹介した人材の初年度理論年収の35%程度が主流です。たとえば、採用した外国人の初年度理論年収が500万円であれば、発生する手数料は175万円になります。(別途消費税がかかります。)
※理論年収とは、採用候補者の月次給与の12カ月分、交通費以外の一切の諸手当(所定外労働手当を含む)、報奨金および一時金を合計した金額です。

外国人採用を行うメリットとは

外国人採用を行うメリットはおもに3つあります。

  • 事業の海外展開、新規顧客の獲得
  • 外国人目線での商品開発・サービス提供
  • 社員の意識改革
事業の海外展開、新規顧客の獲得

外国語が堪能な人材を採用することで、現地スタッフや顧客と円滑なコミュニケーションがとれ、事業の海外展開や新規顧客の獲得がしやすくなります。また、外国語を使ったホームページの作成や海外フェアへの出展も可能なので、企業ブランドの海外発信力の強化に役立ちます。

外国人目線での商品開発・サービス提供

日本とは異なる文化・環境で育っている外国人の価値観やアイデア、視点を商品開発に取り入れることができます。それが日本人の価値観と混じり合うことで、今までにない斬新な商品開発・サービス提供に繋がる可能性があります。また、現地を良く理解している外国人の視点から、各国の市場ニーズに合わせた商品開発やサービス提供も可能になります。

社員の意識改革

外国人の採用により、企業内のダイバーシティが進みます。日本人社員が外国人社員と触れ合うことで、今までにない発見があり、社員の意識改革が望めます。また、社員がお互いの母国語を学び合うことで、仕事の幅やスキル、パフォーマンスの向上が期待できます。

外国人採用を行う際の注意点とは

外国人採用を行う際にはいくつか注意が必要です。お互いが安心・安全に働けるように以下の点に注意して採用活動を進めましょう。

  • 在留資格の確認、または取得
  • 外国人雇用状況の届出が必要
  • 高度人材はポイント制による優遇措置あり
在留資格の確認、または取得

外国人が日本国内で働くには、「ビザ」が必要です。また、ビザの種類によって就ける職業内容や期間に違いがあります。外国人を雇用する際は、採用予定のポジションが在留資格の範囲内かどうか、在留期間は問題ないか等の確認が必要です。

もし在留資格が適切でない場合、新規に在留資格を取得し直さなければなりません。在留資格を取得する場合、企業がスポンサーとなり、就労ビザの申請を行います。採用する外国人が初めての来日の場合、ビザの取得に約1~3カ月程の時間がかかるので、時間に余裕を持った採用活動が求められます。

参考:厚生労働省「二.届出事項の確認方法について」

外国人雇用状況の届出が必要

雇用対策法にもとづき、外国人を雇用する全ての事業者は、外国人の雇い入れと離職の際に「外国人雇用状況の届出」をハローワークに届け出ることが義務化されています。
届け出る際は、当該外国人材の氏名、在留資格、在留期間、生年月日、性別、国籍等を確認する必要があります。事業者には届出の記載内容の正確性を担保する義務があるので、きちんと確認をするようにしましょう。

参考:厚生労働省「外国人雇用対策 Employment Policy for Foreign Workers」

高度人材はポイント制による優遇措置あり

日本政府は、外国人材のなかでも専門的な知識や技術を持つ外国人労働者を「高度人材」と位置づけ、積極的な受け入れを行っています。人材の国際的な獲得競争を勝ち抜くため、日本政府は高度人材にポイント制による優遇措置を設けています。
高度人材を雇い入れる際は、入国管理局のHPで優遇措置が受けられるだけの要素を満たしているかの確認をしましょう。

参考:高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度 – 入国管理局

人材紹介サービスで外国人採用を成功させよう!

これからの国際社会で生き残っていくには外国人材の雇用はどの企業でも重要課題になってきます。特に専門知識を有する高度人材の確保は必要不可欠です。高度人材を含む外国人採用を行うなら人材紹介サービスがおすすめです。

パーソルキャリアでは、バイリンガル人材紹介サービスをご用意しております。各業種・職種のスペシャリストが、外部データベースや独自のネットワークを活用し、「バイリンガル人材」をご紹介しています。貴社採用計画に合わせて複数の採用支援サービスをご用意しております。

中途採用で外国人採用をお考えの際は、ぜひご検討ください。

関連リンク

人材紹介で外国人採用!メリットや注意すべきポイントとはページです。【中途採用をお考えの法人様へ】dodaサービスのご案内 - 採用成功への扉を開く、総合採用支援サービス

お問い合わせ・
資料請求

フリーダイヤル、Webのどちらからでもお問い合わせいただけます。お気軽にご連絡ください。

0120-339-494

(受付時間 平日9:00 〜 18:00)