リファラル採用とは?採用コストの削減と離職率を下げるコツを紹介|doda(デューダ)中途採用をお考えの法人様へ

リファラル採用とは?
採用コストの削減と離職率を下げるコツを紹介

近年、人材不足等により、中途採用活動が激化しています。
人材確保が困難な市況の中、今注目を集めているのがリファラル採用です。
マッチング率が高く、採用コストを下げることができるのが特徴です。
そんなリファラル採用について解説します。

リファラル採用

近年、人材不足等により、中途採用活動が激化しています。人材確保が困難な市況の中、今注目を集めているのがリファラル採用です。マッチング率が高く、採用コストを下げることができるのが特徴です。そんなリファラル採用について解説します。

リファラル採用とは

リファラル採用とは、自社の社員に友人や知人を紹介してもらう採用手法のことを指します。アメリカではすでにポピュラーな採用手法で、日本でも近年注目が集まってきています。

縁故採用との違いとは

リファラル採用と似た採用手法に「縁故採用」があります。
縁故採用は紹介者から血縁関係や特別なつながりのある人物の紹介を受け、採用することを指すのが一般的です。能力やスキルの有無に関係なく、血縁的なつながりを理由に採用するイメージが定着しているため、ネガティブな印象を持つ人がいることも少なくありません。

一方、リファラル採用は自社の社員などから会社が求めるスキルを持つ人材を紹介・推薦してもらい、基準を満たした者のみを採用する手法です。採用試験や明確な採用基準が存在するため、先に挙げた縁故採用のネガティブなイメージはありません。縁故採用とリファラル採用は、受け手のイメージに違いがあると言えるでしょう。

リファラル採用にかかるコストとは

リファラル採用は採用コストを抑えられることで注目を集めています。リファラル採用に必要なコストは紹介報酬制度のインセンティブ(紹介ボーナス)と活動のための交際費です。

紹介報酬制度のインセンティブ(紹介ボーナス)

リファラル採用を促進するために重要なのが紹介報酬制度です。紹介報酬制度は社員が転職希望者を紹介して採用に至った場合、一定のインセンティブを支払う制度です。積極的に友人・知人を紹介してもらうために、社員のモチベーションを高める目的があります。

インセンティブは採用者の試用期間終了時に支払うのが一般的です。企業によっては紹介者だけでなく、紹介され入社した者にもインセンティブを支払う場合もあります。

また、企業によってはインセンティブを現金ではなく、休暇の授与や人事評価に反映しているケースもあります。インセンティブは社員が積極的に採用活動を行うモチベーションになることを前提に、何が最適かを企業ごとに考えて決定することが大切です。

リファラル採用活動のための交際費

リファラル採用をする企業によっては、交際費を設けることもあります。交際費を認めることで、社員が知人・友人とランチに出掛けるなど、社員に積極的に採用活動を行ってもらいやすくなります。

リファラル採用のメリットとは

最近注目を集めるリファラル採用にはさまざまなメリットがあります。おもなメリットは4つです。

  • 採用コストの削減
  • 離職率の低下
  • 適切な人材の採用率アップ
  • 転職潜在層へのアプローチが可能
採用コストの削減

リファラル採用に必要な費用は、紹介者への報酬と採用活動のための交際費のみです。一般的な採用手法だと求人サイトへの掲載料、人材紹介サービスへの成功報酬等の費用が発生しますが、それらが必要ないので、採用コストの大幅な削減が可能です。

離職率の低下

リファラル採用した人材の中には、社内に友人がいるため、職場に馴染みやすいといった声もあります。また、お互いに相談やフォローをしやすいので、働きやすい職場環境が構築され、会社への定着につながりやすい傾向があります。

適切な人材の採用率アップ

リファラル採用を行うことで、適切な人材の募集・採用がしやすくなります。なぜなら、紹介する社員が社風や仕事を十分に理解しており、紹介しようとしている友人・知人が会社に適するかの判断ができるからです。そのため、企業と応募者のミスマッチが減り、採用ポジションに適した人材を採用できる確率が高まります。

転職潜在層へのアプローチが可能

リファラル採用では、転職活動を行っていない転職潜在層からの採用も可能です。転職活動を行っていなくても、「いい会社があったら転職をしたい」という人材は多くいるものです。そういった転職潜在層に社員から直接声をかけることで、転職の動機付けがしやすくなります。また、転職潜在層の採用の場合、他企業と獲得競争をせずに優秀な人材を採用できる可能性があります。

リファラル採用時の注意点

リファラル採用にはさまざまなメリットがありますが、同時に注意点もあります。おもな注意点は3つです。

  • 人間関係への配慮
  • インセンティブ(紹介ボーナス)の金額設定
  • 従業員の多様性に気を配る
人間関係への配慮

紹介された人材が不採用になった場合、紹介した社員との関係性に影響がでる可能性があります。そのほか、紹介者が退職した場合、採用者が孤立し、モチベーションの低下につながる恐れがあります。
リファラル採用を行う際は、通常の採用以上に紹介者と採用者の人間関係に配慮し、フォローする必要が出てきます。

インセンティブ(紹介ボーナス)の金額設定

報酬制度を設ける場合、その種類および程度に関する事項を就業規則に記載する必要があります。また、支払う報酬金は高額にし過ぎてはいけません。報奨金を高く設定し過ぎると、人材派遣業とみなされ、違法になる可能性があります。

また、報酬金が高くなると友人を報奨金のために紹介したと思われる可能性があり、積極的に紹介する社員がいなくなる場合があります。インセンティブの金額設定は慎重に行いましょう。

従業員の多様性に気を配る

リファラル採用で採用する社員は、社員の友人・知人であることから、価値観、年齢、スキルが近しい人材であることも多いです。価値観が似ていることにより組織が団結するなどのメリットもある一方で、価値観が同一化することでイノベーションが起こりにくいといった懸念もあります。
イノベーションの創出、人材の多様性という視点を忘れずに、採用活動を行うことが大切です。

採用課題を整理してみよう

今注目を集めるリファラル採用は活用するメリットが多くあります。リファラル採用を推進するには、採用担当者だけでなく、社員一人ひとりに採用活動の当事者になってもらう必要があります。そのためには募集する職種や求める人材像を明確にして、社員が紹介しやすいような環境を整えることが大切です。

一方で、リファラル採用を浸透させるには、制度の整備や社員への理解など、何かと時間がかかるのも事実です。
リファラル採用はあくまで目的ではなく手段です。採用活動に難航している場合は、まずはボトルネックになっている採用課題を洗い出すことが大切です。

dodaでは採用に関するさまざまなサポートを行っております。
専任の営業担当が貴社の状況や希望をお伺いした上で、採用課題の抽出を行い、最適な採用手法をご提案いたします。
採用活動にお悩みの際は、まずはお気軽にご相談ください。

中途採用活動でお困りではありませんか?

dodaでは、豊富なサービスラインアップと業界最大級の利用者数で貴社の採用課題に合わせた最適なご提案をいたします。
業界・職種ごとの専任担当者が貴社の採用活動を支援し、採用を成功に導きます。

リファラル採用について解説します。マッチング率が高く、採用コストを下げることができるのがリファラル採用の特徴です。メリットや注意点を理解し、採用活動を成功させましょう!

お問い合わせ・
資料請求

フリーダイヤル、Webのどちらからでもお問い合わせいただけます。お気軽にご連絡ください。

0120-339-494

(受付時間 平日9:00 〜 18:00)