不動産業界中途採用マーケットレポート(2022年12月発行)

2022年12月発行
業界別マーケットレポート

不動産業界

不動産業界中途採用マーケットレポートは、dodaに登録いただいた求人と登録者から、不動産営業職および不動産専門職についての登録者動向・求人動向・採用ポイントをまとめたレポートです。

不動産営業職

ここがポイント
  • 22022年9月~11月の登録者数は、2022年6月~8月対比で99%とほぼ横ばい
  • 2022年9月~11月の求人数は、2022年6月~8月対比119%と引き続き増加傾向に
  • 採用目的を叶えるための適切な要件定義と自社ならではの魅力訴求がポイント

不動産営業職の登録者動向

登録者詳細
不動産営業職の登録者詳細(2022年12月)

※対象:2022年9月~11月にdodaにご登録いただいた方

登録者数としては6月~8月期と比べてほぼ変わらないものの、年齢別でみると30代以降の経験者層の割合が若干増える結果となった。就労環境の改善、年収などの待遇アップを目指して経験者の登録が増加したと見られている。また、宅建資格保有者も微増しており、今年度の資格合格者の登録が進んでいる。
さらに、2022年度の期末に向けて転職活動を本格的にスタートさせる転職希望者も増加しており、転職意向が高い方からの相談が増えている状況となった。

不動産営業職の求人動向

求人マーケット動向
不動産営業職の求人マーケット動向(2022年12月)

対象:2022年6月~11月にdodaにいただいた求人件数と登録者数。
※6月の数値を「1」とした場合の変化を表しています。

2021年度以降は、新型コロナウイルスの影響はありつつも求人数の増加傾向は現在も続いており、積極的に採用活動を展開する企業も増えてきた。これまでは経験者重視の採用が中心となっていたが、「若手〜中堅層の人材不足の深刻化」といった理由から、未経験者(ポテンシャル層)をターゲットとした求人も増加している。

不動産営業職の採用成功POINT

まず採用の目的を整理して、転職希望者の動向と競合他社の動向を加味した上で、適切な要件定義を行うことが重要である。
できれば、①「即戦力にアプローチ」することと、②「(これまでは採用してこなかったとしても)自社で活躍できる見込みのある未経験層へのアプローチ」という両軸で考えることが望ましい。
まず①に関しては、当該職種の経験者だからこそ気にするであろう「自社で活躍したくなる差別化された魅力」の訴求が必要だ。
また②に関しては「どんなスキルを持っている人材が活躍できるか」を見極め、その人材の志向性を鑑みた上で、自社に転職することへのメリットを打ち出していくことがポイントである。

自社だけでは難しい、採用市場の動向を踏まえた採用要件の定義や他社との差別化…
dodaなら、採用のプロが徹底サポート!採用成功まで伴走します。

不動産専門職

ここがポイント
  • 2022年9月~11月の登録者数は、2022年6月~8月対比で101%とほぼ横ばい
  • 2022年9月~11月の求人数は、2022年6月~8月対比114%に増加
  • 訴求ポイントの明確化、採用手法の見極めがカギ

不動産専門職の登録者動向

登録者詳細
不動産専門職の登録者詳細(2022年12月)

※対象:2022年9月~11月にdodaにご登録いただいた方

不動産専門職は、変わらず求人ニーズの増加が加速しており、売り手市場の色合いが6月~8月期以上に増している。
一方、宅建資格保有者の登録数は、6月~8月期と比較すると微減しており、専門性の高い資格保有者の採用難易度はこれまで以上に高まっている状況だ。

不動産専門職の求人動向

求人マーケット動向
不動産専門職の求人マーケット動向(2022年12月)

対象:2022年6月~11月にdodaにいただいた求人件数と登録者数。
※6月の数値を「1」とした場合の変化を表しています。

求人数は、競合環境が激しく採用難易度も高い状態が続いているが、総数として右肩上がりに増加している。そのためターゲット要件の緩和などで母集団形成をしていくことが採用成功のポイントなる。

不動産専門職の採用成功POINT

経験者採用・有資格者採用は獲得競争が激しいため、訴求ポイントをわかりやすくはっきりと言語化する必要がある。「働き方」「給与・待遇」「業界/会社の将来性」「社風/職場環境」「スキルアップ・教育体制」など、どの切り口で差別化するのかが重要だ。
有資格者の登録者は少ないため、シニア層の雇用形態の切り替えや嘱託採用・定年延長など柔軟な求人形態にする企業も増えている。そこで社員紹介(リファラル採用)やスカウト型のサービス、面接を確約するアプローチ手法など、時には採用手法を広げることも必要となるだろう。
同業界・異職種の採用を行う場合は、必要要件の項目にスキル・経験を明記し、職種を変えるメリットをわかりやすく伝えることが大事。スキルアップや働き方の変化など、仕事内容はもちろん環境面の変化をイメージできるようにすることが応募喚起につながる。

スカウト型サービス「doda Recruiters」なら
日本最大級約237万人規模のデータベースに直接アクセスして、
採用候補者を直接口説けます。

※こちらのPDF版レポートは、経営者や人事・採用担当者の課題解決を手助けするWebメディア「d’s JOURNAL(ディーズジャーナル)」byパーソルキャリアからダウンロードできます。

過去のレポート

不動産業界中途採用マーケットレポート(2022年12月発行)ページです。【中途採用をお考えの法人様へ】dodaサービスのご案内 - 採用成功への扉を開く、総合採用支援サービス

お問い合わせ・
資料請求

フリーダイヤル、Webのどちらからでもお問い合わせいただけます。お気軽にご連絡ください。

0120-339-494

(受付時間 平日9:00 〜 18:00)